特集号研究会

教育システム情報学会(JSiSE)2022年度 特集論文研究会 講演・参加募集

担当:学会誌編集委員会委員長 瀬田和久(大阪公立大学)
■テーマ:
「答えのない課題の解決に挑む学び」 を支える教育システム・デザイン
■開催日時:
2023年3月18日(土)
■会場:
北九州市立大学 北方キャンパス (対面およびオンラインのハイブリッド開催を予定)
*なお、COVID-19の感染状況により,オンライン開催のみとなる可能性もあります.開催形式の変更がある場合,jnews,SNSなどにより告知いたします.
*発表申込後,発表を対面で行うか,オンラインで行うかの事前申請フォームをお送りしますので、どちらの方法でご発表予定かをお知らせください.また、発表方法に応じてプログラム編成を行いますので,各種締め切りの延長は行われません.締め切り日を必ずご確認ください.
■発表申込締切:
2023年1月10日(火)
■原稿提出締切:
2023年2月10日(金)
■趣旨:
 現代は,先行きが見通せない予測困難な時代,また持続可能な未来のために劇的な社会変革が求められる時代でもあります.従来からの価値のみに縛られず,新たな課題の発見・解決を通じた「価値創造」に対応できる人材の重要性が増してきています.それとともに,価値観が多様化し,複雑さを増す現代という時代において,一人ひとりが自身および他者の良さや可能性を認めつつ,協働的に社会の課題へ取り組む必要性も謳われています.このような時代・社会からの要請に対して,「答えのない課題解決に挑む」人材をどのように育成していくのか,は我々にとって喫緊の課題の一つと言えます.そこで,答えのない課題解決に挑む学びを促進し,支援するため教育システム・デザインの提案・実践や,それらの取り組みを加速するための教育DXに寄与する先行的な取り組みに注目します.
■対象分野:
 「課題解決プロセス(課題の定義や解決,評価)」「創造性・創造的問題解決」「研究開発(R&D)」などに関連した取り組みの他,価値創造ができる人材育成のカギと考えられる「主体的な学び」「協働的な学び」「個別最適な学び」の実現に向けた取り組みなどの発表を広く募集します.ここには,「問題解決支援」「PBL」「ディスカッション支援」「アイディアソン・ハッカソン」「グループ学習」「ポートフォリオ」「パフォーマンス評価」「リフレクション」「メタ認知」「学習科学」「デザイン研究」など多くのキーワードと関わる研究が含まれます.またこれらを支える技術の在り方としてICT活用・先進的学習支援技術・教育DXの観点からの研究も歓迎いたします.
■閲読コメントの希望:
 特集論文研究会ではご希望の発表者に対して 論文投稿に向けてご参考頂く閲読コメント※をお渡ししております.閲読コメントをご希望頂いた場合は,通常より長めの 20 分の質疑応答時間が割り当てられます.
有意義な閲読コメントを著者へお渡しできるようにするため,閲読を希望された口頭発表および質疑応答の様子のみ映像収録させていただきます.これら映像は,閲読を希望する発表者,閲読者の皆様が閲覧できる形で共有させていただきます.閲読者(1発表につき2名)へは,研究会原稿と共に収録映像をご確認いただき,より有意義な内容となるようコメントの作成をお願いいたします.映像の収録および閲読者との共有に関して,あらかじめご承諾よろしくお願いいたします.なお,閲読コメントの希望については,講演申込時にシステムの「閲読コメント希望」について「有」また「無」を選択してください.作成された閲読コメントの発表者への提供は,研究会終了後の4月10日(月)頃を予定しています.
■発表申込および研究会への参加方法:
研究発表および研究会参加には,研究報告の年間購読(4,000円/年)または各回の研究報告の購入(1,000円/回)が必要となります.ただし,聴講のみを希望する学生会員は研究報告を購入する必要はありません.
ハイブリッド開催を予定しております.オンラインでの発表とその聴講に利用されるZoomのアクセス先は、参加申込時に送信されるメールに記載いたします(なお,対面発表については現地(対面)でのみ聴講可能となりますのでお気をつけください).
〇発表者
発表申込および原稿提出は,下記「申込者ログイン」よりお願いします.
また,事前参加申込(研究報告の購入)は2023年2月11日9時に開始します.
開始時刻以降に,下記「申込者ログイン」から手続きしてください.
〇聴講のみを希望する学生会員
聴講のみを希望する学生会員は,「申込者ログイン」での手続きは行わず,末尾の問い合わせ先まで直接メールでご連絡ください.
〇上記以外の参加者
事前参加申込(研究報告の購入)は2023年2月11日9時に開始します.
開始時刻以降に,下記「申込者ログイン」から手続きしてください.
申込者ログイン
■研究報告執筆フォーマット:
■お問い合わせ先:
編集委員 山崎 治(千葉工業大学)
E-mail: yamazaki[at mark]net.it-chiba.ac.jp
([at mark]の部分は,半角の「@」に変えて下さい)