第45回教育システム情報学会全国大会

大会プログラム

大会プログラム概要

9月2日(水)

午前:
プレカンファレンス
午後:
オープニング(会長),インタラクティブセッション,一般セッション・企画セッション

9月3日(木)

午前:
一般セッション・企画セッション
午後:
各種表彰,特別講演,インタラクティブセッション・学生研究特別セッション,一般セッション・企画セッション

9月4日(金)

午前:
一般セッション・企画セッション
午後:
メインイベント,クロージング

特別講演

特別講演(9月3日(木)13:20~14:20)

学びのサスティナブル化に向けた文部科学省の取組について
亀岡 雄 (文部科学省 文部科学戦略官)

メインイベント

大会企画 シンポジウム(9月4日(金)13:00~15:00)

コロナ後の大学教育 ~大学教育のブレンディッド化の展望~

登壇者:

河本 達毅
(文部科学省高等教育局専門教育課科学・技術教育係長)
塙 雅典
(山梨大学大学院総合研究部工学域・教授)
村上 正行
(大阪大学全学教育推進機構教育学習支援部・教授)

司会・コーディネータ:

石井 正章
(神田外語大学言語メディア教育研究センター・准教授)
小川 修史
(兵庫教育大学学校教育研究科・准教授)
小尻 智子
(関西大学システム理工学部・教授)
西端 律子
(畿央大学教育学部・教授)

プレカンファレンス(9月2日(水)09:00〜11:50)

  1. 反転が生み出す論文執筆のブレークスルー
    - ディスカッションベースの論文投稿ファシリテーション -

    瀬田 和久(大阪府立大学),村上 正行(大阪大学),松田 憲幸(和歌山大学),後藤田 中(香川大学),田中 孝治(金沢工業大学),近藤 伸彦(東京都立大学),山元 翔(近畿大学)
  2. 教育・学習支援システム研究における専門知識とは?【鼎談】
    JSiSE若手研究者科研費申請支援制度と科研費申請なんでも相談【チュートリアル】

    教育・学習支援システム若手の会:山元 翔(近畿大学),田和辻 可昌(早稲田大学) 人材育成委員会:小西 達裕(静岡大学),布施 泉(北海道大学),光原 弘幸(徳島大学)
  3. SEL(Social and Emotional Learning)の高等教育への適応
    山川 修(福井県立大学),田中 洋一(仁愛女子短期大学),多川 孝央(九州大学),中村 一浩(慶應義塾大学)

企画セッション
(9月2日(水)14:40~16:0,16:20~17:45,
9月3日(木)9:00~10:25,10:40~12:05,16:10~17:35,
9月4日(金)9:00~10:25,10:40~12:05)

36件の発表が予定されています.

  1. SEL(Social and Emotional Learning)の高等教育への適応(4件)
  2. インダストリーエンゲイジメント&コラボレーション(3件)
  3. 実世界指向の教育学習環境(7件)
  4. Society5.0に向けたAI・数理・データサイエンスと人材育成支援に関わる教育システム(4件)
  5. 医療・看護・福祉領域におけるICT等活用教育(7件)
  6. AI/ロボット/VR・ARを活用した学びにおける感情・情動面からの支援(8件)
  7. 初等教育等におけるプログラミング教育(3件)

学生研究特別セッション
(9月3日(木)14:40~15:50)

9件の発表が予定されています.

一般セッション(インタラクティブ(ポスター・デモ)発表)
(9月2日(水)13:10~14:20,9月3日(木)14:40~15:50)

27件の発表が予定されています.

一般セッション(口頭発表)
(9月2日(水)14:40~16:05,16:20~17:45,9月3日(木)9:00~10:25,10:40~12:05,16:10~17:35,9月4日(金)9:00~10:25,10:40~12:05)

89件の発表が予定されています.

講演論文集は,第37回大会より印刷を,第45回大会よりCD-ROMを廃止し,Webによる配布のみとしております.ペーパレス化による,持ち運び・保管の負担軽減や資源の保護のほか,以下のようなメリットがあります.

  • 大会参加前に閲覧することができ,参加するセッションの検討に役立ちます.公開日は8月24日(月)の予定です.
  • 講演論文集のタイトル・著者の検索が容易に行えます.
  • Webで公開することにより,研究成果へのアクセス性の向上が期待できます.Web版の講演論文集には,以下のアクセス制限を設けます.
  • 2021年2月28日(日)までは,大会参加者のみがアクセス可能です.
  • 2021年3月1日(月)以降は一般公開し,誰でもアクセス可能にします.