2020年度JSiSE学生研究発表会・発表論文

北海道

日時
2021年3月5日(金)10:30〜16:40

場所
オンライン開催

概要
10:30-10:40 開会式、諸連絡
10:40-15:50 口頭発表
16:20-16:30 表彰および閉会挨拶

口頭発表は、交代も含めて20分(発表15分(12分予鈴)+質疑4分+交代1分)

発表形式 順序 発表タイトル
著者(○は発表者)
口頭 A01 レポート内の話しことばに着目したグループチェック授業モデルの提案と試行
〇川越颯亮(公立千歳科学技術大学),山下由美子(帝京大学),小松川浩(公立千歳科学技術大学),山川広人(公立千歳科学技術大学)
口頭 A02 オンライン環境で自律的な学習を促進するための振返りを伴う反転学習モデルの提案
〇前川啓輔(公立千歳科学技術大学),澤岡勇太(公立千歳科学技術大学),山川広人(公立千歳科学技術大学),小松川浩(公立千歳科学技術大学)
口頭 A03 機械学習を用いたコンピテンシー評価の分析
〇紅葉亜練(公立千歳科学技術大学),桶田 昂史(公立千歳科学技術大学),山川 広人(公立千歳科学技術大学),小松川 浩
口頭 A04 電子計算機センター学生スタッフによるオンライン授業支援
〇三上雅人(札幌学院大学),皆川雅章(札幌学院大学)
口頭 A05 プログラミング学習支援環境におけるダミーカードセット作成の自動化の思案
〇前田晃希(函館工業高等専門学校),倉山めぐみ(函館工業高等専門学校)
口頭 A06 証明問題解決支援システムにおけるダミーカードの自動生成
〇長野大智(函館工業高等専門学校),倉山めぐみ(函館工業高等専門学校)
口頭 A07 旅行者の感性と旅行の必要条件に基づく観光行程生成システムの実現
〇箕輪真衣(武蔵野大学),林康弘(武蔵野大学),清木康(慶應義塾大学)
口頭 A08 OpenPoseを用いた姿勢差分の算出によるパーソナルバーチャルトレーニングシステム
〇鎌田夏輝(武蔵野大学),柴原匠棋(武蔵野大学),林康弘(武蔵野大学)
口頭 A09 テレプレゼンス技術を導入したハイブリッド型学生実験手法の開発 A.テレプレゼンスのためのユーザーインターフェースと遠隔計測方法の検討
〇島貫慎戸郁(釧路工業高等専門学校),岡部文哉(釧路工業高等専門学校),千田和範(釧路工業高等専門学校)
口頭 A10 テレプレゼンス技術を導入したハイブリッド型学生実験手法の開発 B.テレプレゼンスロボットを用いた実験作業の検討
〇岡部文哉(釧路工業高等専門学校),島貫慎戸郁(釧路工業高等専門学校),千田和範(釧路工業高等専門学校)
口頭 A11 中学校新学習指導要領における双方向コミュニケーションを伴うプログラミング学習が可能なスマートハウス型教材の開発
〇嶋村拓海(釧路工業高等専門学校),千田和範(釧路工業高等専門学校)
口頭 A12 危険予測能力を獲得させるための安全教育用疑似体験システムの開発
〇伊勢佑亮(釧路工業高等専門学校),千田和範(釧路工業高等専門学校)