2019年度JSiSE学生研究発表会・発表論文

四国

発表形式 順序 発表タイトル
著者(○は発表者)
口頭 A01 遷移確率を用いたソフトウェアディフェンスによるフェイント動作学習環境
○幸田 尚也・大芝 健允・松浦 健二・谷岡 広樹(徳島大学)・後藤田 中(香川大学)・和田 智仁(鹿屋体育大学)
口頭 A02 バスケットボールにおけるソフトウェアオフェンス構築とその評価
○大芝健允・幸田尚也・松浦健二・谷岡広樹(徳島大学)・後藤田中(香川大学)・和田智仁(鹿屋体育大学)
口頭 A03 視線計測によるチームスポーツの戦術識別スキル習得支援
○内藤弘望・箭野柊・松浦健二(徳島大学)
口頭 A04 研究授業レビュー支援のためのマルチアングル動画提示によるアノテーション作成手法
○小森公兵・岡本竜・三好康夫(高知大学)
口頭 A05 電子黒板を用いた遠隔授業のための教師シルエット生成手法の開発
○岩本拓巳・三好康夫・岡本竜(高知大学)
口頭 A06 習慣化支援システムの設計に向けた強い紐帯と弱い紐帯の特性に関する考察
○植野優希・三好康夫(高知大学)
口頭 B01 学外学習プログラムを対象とした学習プログラム検索システム「KadaRiku カダリク」の開発 -ゲーミフィケーションを用いた機能提案-
○椎木 卓巳・矢部 智暉・米谷 雄介・後藤田 中・國枝 孝之・松永 貴輝・神田 亮・長尾 敦史・八重樫 理人(香川大学)
口頭 B02 建設現場作業における注意力の評価・訓練に向けたVR環境の開発 -他者との比較による学習を支援する仮想建設現場における危険個所登録/共有機能の開発-
○植松 祐斗・米谷 雄介・後藤田 中・國枝 孝之・八重樫 理人(香川大学)
口頭 B03 アクティブラーニング型学習コミュニティのためのVRコミュニケーション環境の開発 -発話データに基づく学習評価に向けたデータ収集機能の開発-
○福田裕樹・米谷雄介(香川大学)・卯木輝彦(株式会社フォトロン)・谷田貝雅典(共立女子大学)・後藤田中・國枝孝之・八重樫理人(香川大学)
口頭 B04 VRを利用したドローン手動操縦スキルの訓練環境 -操縦技能の熟達過程の可視化機能の開発-
○檜垣 大地・米谷 雄介・後藤田 中・國枝 孝之・八重樫 理人(香川大学)
口頭 B05 メンタリング履歴を導入したラーニングアナリティクス環境の構築
○坂本康明・森康浩・妻鳥貴彦(高知工科大学)
口頭 B06 反応の乏しい重症児の看護実習生のケアをアセスメントするセンシングモデルの構築
○横関恵美子・池本有里・児島知樹・小川佳代・山本耕司(四国大学)
口頭 B07 実測データを用いてブロック塀倒壊を可視化するARアプリ
○中尾 練・光原 弘幸・獅々堀 正幹・上月 康則(徳島大学)