1. ホーム
  2. 全国大会・研究会等
  3. 研究会
  4. スキル開発とその支援技術/一般

スキル開発とその支援技術/一般

教育システム情報学会(JSiSE)2022年度 第4回研究会 講演募集

担当:長谷川忍、柏原昭博、小尻智子、曽我真人、松浦健二(研究会委員会)

■テーマ:
スキル開発とその支援技術/一般
※情報処理学会の教育学習支援情報システム(CLE)研究会と併催
■開催日時:
2022年11月4日(金)5日(土)
■開催場所:
オンラインおよび徳島大学 常三島キャンパス工業会館(徳島市南常三島2-1)
https://www.tokushima-u.ac.jp/access/campusmap_josanjima.html
(ハイブリッド開催予定、ただし、完全オンラインになる可能性あり)
■発表申込締切:
2022年9月15日(木)9月22日(木) (※延長しました)
■原稿提出締切:
2022年10月6日(木)
■趣旨:
 本年度第4回研究会は「スキル開発とその支援技術および一般」のテーマで実施いたします.人間のスキルは、生来的な能力とは異なり、訓練・学習・努力によって習得される技能ですので、専門的な技能を高めたり、対象技能から別の対象への転化能力を得たり、技能に寄与する知識を深めたり、さらにはそれらの過程を効率化したりすることが可能です。研究としては、人間のスキルに関する科学的知見は学習分析なども活発に研究されているところですが、今後も持続的な研究対象となり、それを支える環境の設計論など工学的知見は実践・実装への有用性が高い研究対象として寄与することになります。
 スキル学習の対象領域には、「数学、語学、芸術、医療、教育、スポーツ」など大学を含む学校教育においては学習者の発達段階に応じた研究が多数なされてきています。また、社会人教育や生涯学習的な対象としても、「プログラミング、セキュリティ、プレゼンテーション、コミュニケーション、ビジネスマナー、運転」など世代を問わず学び続ける対象領域としても研究が展開されています。「建築、建設、塗装、陶芸、料理」などの分野では、熟練技能者からの伝承・伝達も社会的な課題として認知されるところです。メタなレベルで捉えれば、そもそも、こうした学習自体も学習スキルであり、生涯学び続ける人生において、あらゆる人が個々に経験知を有する必須スキルです。
 本研究会では、こうした人間のスキル学習とその支援技術をテーマとし、システマティックな支援環境設計論やスキル学習の対象領域ごとの特性を考慮した学習方法論などを広く深く議論したいと思います。また、本テーマに沿った内容に限らず,本学会の取り扱う領域における一般の研究発表も受け付けますので,多くの皆様からのご発表の申込みを期待しています.
■発表時間等:
発表時間は25分(発表17分、質疑7分、入れ替え1分)を予定しております。
■発表申込および研究会への参加方法:
研究発表および研究会参加には、研究報告の年間購読(4,000円/年)または各回の研究報告の購入(1,000円/回)が必要となります。ただし、聴講のみを希望する学生会員は研究報告を購入する必要はありません。
Zoom開催の場合のアクセス先は、参加申込時に送信されるメールに記載されます。
〇発表者
発表申込および原稿提出は、下記「申込者ログイン」よりお願いします。
また、事前参加申込(研究報告の購入)は2022年10月7日9時に開始します。
開始時刻以降に、下記「申込者ログイン」から手続きしてください。
〇聴講のみを希望する学生会員
聴講のみを希望する学生会員は、「申込者ログイン」での手続きは行わず、下記の問い合わせ先まで直接メールでご連絡ください。
〇上記以外の参加者
事前参加申込(研究報告の購入)は2022年10月7日9時に開始します。
開始時刻以降に、下記「申込者ログイン」から手続きしてください。
申込者ログイン
※会場校での参加希望の方のみ
〇会場参加申込
会場校において来場者数制限がありますので、当日オンサイト参加をご希望の場合は10月7日までに、上記事前申込とは「別に」下記URLにて予め会場参加申込をお願いします(上限に達した時点でフォームは閉鎖いたします)。
https://docs.google.com/forms/d/19EAZn7GA4ugsl9Jnsfk8dJXtB7xcES8et8JBMEzLHWw
■研究報告執筆フォーマット:
■お問い合わせ先:
松浦健二(徳島大学, 第4回研究会担当委員)
E-mail : ma2[at]tokushima-u.ac.jp([at]の部分を,「@」に変えて下さい。)