1. ホーム
  2. 全国大会・研究会等
  3. 研究会
  4. ICTを活用した学習支援と教育の質保証/一般

ICTを活用した学習支援と教育の質保証/一般

教育システム情報学会(JSiSE)2022年度 第2回研究会 講演募集

担当:不破 泰、小松川 浩、布施 泉、野崎 浩成、金子 大輔(研究会委員会)

■テーマ:
ICTを活用した学習支援と教育の質保証/一般
■開催日時:
2022年7月16日(土)
■開催場所:
北星学園大学
札幌市厚別区大谷地西2丁目3番1号
札幌市営地下鉄 東西線 大谷地駅下車徒歩5分
https://www.hokusei.ac.jp/access/
■発表申込締切:
2022年5月26日(木)
■原稿提出締切:
2022年6月16日(木)
■趣旨:
 現在、教育現場においては、ICTを活用した多様な学習支援が行われています。令和4年度に教職課程のコアカリキュラム「情報通信技術を活用した教育に関する理論および方法」が新設されたことからも分かるとおり、ICTを活用した学習支援はもはや「当然のこと」であり、どのような学習支援にどのようにICTを活用するかを考えなくてはなりません。また、高大連携改革などの流れの中で、各教育課程における質保証に関する議論も行われていますが、それらはICTの効果的な活用が前提になっています。
 上述の背景から、本研究会のテーマを「ICTを活用した学習支援と教育の質保証/一般」としました。ICTを活用した学習支援、教材システム、学習支援の環境や技術、学習コンテンツの開発・評価など、e-Learningや学習支援に関する研究だけではなく、そのようなシステムやコンテンツの活用事例を通じた教育的な効果や有効性に関する研究を広く募集します。これらの研究を通じて、学習支援のあり方や教育の質保証について検討し、現在のさまざまな教育の課題に切り込み、解決の糸口を探ることを目指します。また、システム開発やコンテンツ作成をはじめ、教育実践や教材評価、カリキュラムの設計、学習科学、言語教育など、教育やシステムに関連した幅広い分野からの発表も歓迎いたします。職場の同僚や共同研究をしているグループなど、お誘い合わせの上奮ってご参加下さい。
■発表時間等:
発表時間は25分(発表17分、質疑7分、入れ替え1分)を予定しております。
■発表申込および研究会への参加方法:
研究発表および研究会参加には、研究報告の年間購読(4,000円/年)または各回の研究報告の購入(1,000円/回)が必要となります。ただし、聴講のみを希望する学生会員は研究報告を購入する必要はありません。
〇発表者
発表申込および原稿提出は、下記「申込者ログイン」よりお願いします。
また、事前参加申込(研究報告の購入)は2022年6月17日9時に開始します。
開始時刻以降に、下記「申込者ログイン」から手続きしてください。
〇聴講のみを希望する学生会員
聴講のみを希望する学生会員は、「申込者ログイン」での手続きは行わず、下記の問い合わせ先まで直接メールでご連絡ください。
〇上記以外の参加者
事前参加申込(研究報告の購入)は2022年6月17日9時に開始します。
開始時刻以降に、下記「申込者ログイン」から手続きしてください。クレジットカード払いであれば当日まで事前参加申込が可能です。それ以外の支払い方法は7月9日まで選ぶことができますが、支払期間内に入金しないと参加申込が確定となりません。支払期間は完了通知メールに記載されますので、必ずご確認をお願いいします。
申込者ログイン
■研究報告執筆フォーマット:
■オンラインでの実施について:
本研究会は対面のみの実施となります。
 新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては、現地での開催を中止し、オンラインでの開催に変更する可能性があります。オンライン開催に変更する場合の判断は、遅くとも6月末までには行います。この場合、すでに事前参加申込を行っている方には担当よりzoomのアクセス先などをご連絡いたします。
■お問い合わせ先:
金子大輔(北星学園大学)
E-mail : kenkyuu-2nd-ml[at]jsise.org([at]の部分を半角の「@」に変えて下さい。)