1. ホーム
  2. 全国大会・研究会等
  3. 研究会
  4. 一人1台時代の情報活用能力の育成/一般

一人1台時代の情報活用能力の育成/一般

教育システム情報学会(JSiSE)2020年度 第6回研究会 講演募集

担当:浅羽 修丈、西野 和典、西端 律子、鷹岡 亮、永田 奈央美、
長谷川 理、尾崎拓郎、山本 樹(研究会委員会)

■テーマ:
一人1台時代の情報活用能力の育成/一般
■開催日時:
2021年3月21日(日)
■開催場所:
オンライン開催
■発表申込締切:
2021年1月28日(木)
■原稿提出締切:
2021年2月17日(水)
■趣旨:
 2019年末、子どもたち一人ひとりに個別最適化され、創造性を育む教育ICT環境の実現に向けて、GIGAスクール構想が示されました。これから確実にやってくる超高速ネットワーク、クラウド、一人1台から一人1アカウント時代において、プログラミング教育、探究的・プロジェクト的な学びにおけるICT活用など情報活用能力、さらに情報統合能力の育成はより重要になってくると考えられます。
 また、COVID-19の拡大の影響により、休業が長期化し教育課程の実施に支障が生じる事態に備えて、一人1台端末の早期実現、家庭でもつながる通信環境の整備を加速させることで、ICTの活用により全ての子供たちの学びを保証できる環境を早期に実現するために、文部科学省が2020年度の補正予算を計上しました。このことにより、教育現場でのICT環境の整備やICT機器を用いた教育方法を検討することは急務となっています。これらのことから、初等・中等・高等教育、あるいは接続性を踏まえた情報活用能力の育成について参加者の皆さんと考えていきたいと思います。
 そこで第6回研究会では、上記についての研究や議論を深めるため、「一人1台時代の情報活用能力の育成」に関連する研究発表を募集します。対象は、小中高に限らず、大学等で持続可能な教育実践研究や、それらを支援するシステムなどを開発・研究されている研究発表もぜひご応募ください。
 なお、教育の情報化に関連した研究発表や本学会の取り扱う領域における一般研究発表も幅広く募りますので、奮ってご投稿ください。
■発表申込および原稿提出は,下記,「申込者ログイン」よりお願いします。
 申込者ログイン
■参加申込および参加費等:
 研究会の発表者、共著者、参加のみの方を問わず、全員の方に事前に参加申込の登録をお願いいたします。
 登録していただいた方へは、第6回研究会の開催用URL(ZOOM)をお送りいたします。
 事前参加申込の登録を行う方は、以下より行ってください。

事前参加申込はこちらから (準備ができ次第ご案内いたします)

 なお、研究会への参加は無料ですが、発表者の方で研究報告の年間購読をされていない方には、当日分のオンライン研究報告集の購入(1,000円)をお願いしております。詳しくは以下のQ&Aを御覧ください。
https://www.jsise.org/society/faq.html
 上記に該当する方および研究報告の購入を希望される方は、上記事前参加申込URLより購入希望の旨を入力し、記載されている振込先口座情報に従って振込を行ってください。
 アクセス方法については、研究報告の公知日以後にご登録いただいたメールアドレスにお知らせいたします。
 なお、年間購読を希望される方は、次項「研究報告について」を参照してください。
■研究報告について:
 研究報告は電子化されています。年間購読をお申し込みの会員の方は、研究会開催日の約1週間前から会員専用マイページで閲覧できます。非会員の方や、年間購読を申し込まれていない方で購入を希望される方は、jsise-post[at]bunken.co.jp([at]を@に置き換えてください) (担当: 教育システム情報学会事務局 木村) にメールでお申し込みください。振り込み先やアクセス方法などを折り返しご連絡いたします。
 なお、年間購読(4,000円)をお申し込みいただくと、年6回の定例研究会と1回の特集研究会の計7回分の研究報告を読むことができます。申込方法等については、以下のページをご覧ください。
https://www.jsise.org/utility/information/20160222.html
■お問い合わせ先:永田奈央美(静岡産業大学)、山本樹(明海大学)
E-mail: jsise-sig-6th[at]googlegroups.com([at]の部分は、半角の@に変えて下さい)