1. ホーム
  2. 全国大会・研究会等
  3. 研究会
  4. 遠隔教育/数理・データサイエンス教育と学習支援システム/一般

遠隔教育/数理・データサイエンス教育と学習支援システム/一般

教育システム情報学会(JSiSE)第3回研究会 講演募集

担当:安間 文彦、三好 康夫、小西 達裕(研究会委員会)

■テーマ:
遠隔教育/数理・データサイエンス教育と学習支援システム/一般
■開催日時:
2020年9月27日(日)
■開催場所:
オンライン開催 (Zoomを使用)
■参加申し込み:
本研究会に参加するには、事前の申し込みが必要です。
申し込み方法については後日お知らせいたします。
■発表申込締切:
2020年8月6日(木)
■原稿提出締切:
2020年8月26日(水)
■趣旨:
 本年度第3回研究会は、「遠隔教育/数理・データサイエンス教育と学習支援システム/一般」のテーマで実施いたします。
 新型コロナ感染症への社会的対処として、サイバー空間の積極的な活用がなされています。本研究会では、転換が加速するSociety5.0時代に向けて「遠隔教育・数理・データサイエンス教育と学習支援システム」に関する発表を歓迎いたします。
 「遠隔教育」に関して、まさにSociety5.0社会に向けた経験知が現在醸成されています。Society 5.0では、サイバー空間とフィジカル空間を高度に融合させるシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する人間中心の社会が提唱されています。新型コロナ感染症の影響下でのオンライン学習の実践は、フィジカル空間に主軸があった学習活動がサイバー空間にも広く展開されます。学習履歴のビッグデータ収集・蓄積・分析が加速することで、フィジカル空間での学びに対しても新しい価値創造の機運が高まっています。その新しい価値や課題について議論したいと思います。
 「数理・データサイエンス教育と学習支援システム」に関して、そのような分析に携わるAI・数理・データサイエンスに関わる知識とスキルを身に着けた人材育成も急務であり、それに関わる学習支援システムも、新しい社会への転換に強く寄与するものです。開催延期となった東京五輪に向けたスポーツテック導入に基づく教育(トレーニング)、また自治体では、コロナ感染の対処も含めオープンデータを活用した災害・防犯教育のシビックテックも見られ、幅広い分野の教育にレジリエントな社会の実現に向けたデジタルトランスフォーメーション(DX)が期待されます。その可能性や課題、必要とされる学習支援システムについても議論したいと思います。こちらのテーマでは新規性あるシステム開発と既存の学習支援システムを活用した教育実践の両方を視野に含めつつ、数理・データサイエンス教育に関する最新の意欲的な取り組みについて議論したいと思います。
 以上のように、今後のSociety5.0時代への転換を見据え、高等教育機関等におけるAI・数理・データサイエンス教育等に関わる研究に加え、リカレント教育も含めた、今後のSociety5.0に向けた教育発展に寄与するオンライン学習の実践の研究発表を募集します。また、先行的な取り組みとしての情報教育(IoTを含むプログラミング、カリキュラム設計等)、さらに、遠隔医療、農業、建設業も含めた幅広い分野の教育において、先端技術(5G・ロボット・ドローン・ブロックチェーン等)の活用を見据えた人材育成の支援の取り組みに関する学習支援システムの発表研究も広く募集いたします。
 その他、教育システムに関する幅広い分野からの発表も歓迎致します。高等教育だけでなく、初中等教育、企業教育などの分野から、多くの方々の発表をお待ちしております。
※なお、本研究会は、特集論文研究会(2021年3月中旬開催予定)および2022年度発刊特集号論文募集の企画と連動するものです。
■発表申込および原稿提出は、下記、「申込者ログイン」よりお願いします。
申込者ログイン
研究報告執筆要領:
https://www.jsise.org/society/pdf/format.pdf
研究報告見本:
https://www.jsise.org/society/pdf/sample.pdf
研究報告ひな形:
https://www.jsise.org/society/doc/sample.docx
オンライン講演申込・原稿投稿方法:
https://www.jsise.org/society/committee/pdf/manual.pdf
■参加費等:
 研究会への参加は無料ですが、登壇者の方で研究報告の年間購読をされていない方には、当日分のオンライン研究報告集の購入(1,000円)をお願いしております。詳しくは以下のQ&Aを御覧ください。
https://www.jsise.org/society/faq.html
■研究報告について:
 研究報告は電子化されています。年間購読をお申し込みの会員の方は、研究会開催日の約1週間前から会員専用マイページで閲覧できます。非会員の方や、年間購読を申し込まれていない方 で購入を希望される方は、jsise-post[at]bunken.co.jp([at]を@に置き換えてください) (担当: 教育システム情報学会事務局 木村) にメールでお申し込みください。振り込み先やアクセス方法などを折り返しご連絡いたします。
 なお、年間購読(4,000円)をお申し込みいただくと、年6回の定例研究会と1回の特集研究会の計7回分の研究報告を読むことができます。申込方法等については、以下のページをご覧ください。
https://www.jsise.org/utility/information/20160222.html
■お問い合わせ先:
小西達裕(静岡大学、第3回研究会担当委員)
E-mail: konishi[at]inf.shizuoka.ac.jp([at]の部分は、半角の @ に変えて下さい)