1. ホーム
  2. 全国大会・研究会等
  3. 研究会
  4. 高等教育機関におけるeラーニング実践/一般

高等教育機関におけるeラーニング実践/一般

教育システム情報学会(JSiSE)2019年度 第3回研究会 講演募集

担当:安間文彦,三好康夫,小西達裕(研究会委員会)

■テーマ:
高等教育機関におけるeラーニング実践/一般
■開催日時:
2019年9月20日(金)
■開催場所:
サイバー大学福岡キャンパス(福岡県福岡市)
福岡県福岡市東区香椎照葉3-2-1 シーマークビル3階
https://www.cyber-u.ac.jp/about/support_facilities.html
■発表申込締切:
2019年8月5日(月)
2019年8月13日(火)(延長しました)
■原稿提出締切:
2019年8月21日(水)
■趣旨:
 本年度第3回研究会は,「高等教育機関におけるeラーニング実践/一般」のテーマで実施いたします.近年,高等教育におけるeラーニングは一般的となり,多くの教育機関でeラーニング実践が展開されています.対面授業と組み合わせたブレンディッド型のeラーニングのみならず,通信教育課程をもつ大学のようにフルオンラインでの講義を前提としたeラーニング実践も増加しています.それと共に,eラーニング基盤を用いた大学間での単位互換の取り組み,コンテンツの共有,教育の共同実施なども展開されつつあります.本研究会では,高等教育機関の eラーニング実践におけるさまざまな知見や運用における課題などを議論します.具体的には,LMSやeポートフォリオなどのプラットフォーム開発や運用,コンテンツ開発環境の構築,オンライン上での演習・実習科目の実践,モバイル学習環境,クラウド環境の活用,履修継続のための学習支援,教育の質保証のための授業改善,単位互換制度やコンテンツ共有などの大学間連携の取り組みなど,幅広い観点から発表を募集します.
 また,一般テーマとして,教育実践や教材評価,カリキュラムの設計,学習科学,言語教育など教育の幅広い実践や教育情報システムやコンテンツの開発,運用まで本学会に関連する分野全般からの発表も歓迎いたします.職場の同僚や共同研究をしているグループなど,お誘い合わせの上,奮ってご参加下さい .
■発表申込および原稿提出は,下記,「申込者ログイン」よりお願いします.
 申込者ログイン
注)
研究会予稿集電子化に伴い,「執筆要項」や「講演申込・原稿の投稿方法」を変更致しました. 以下のページをご確認ください.
研究会執筆要領:http://www.jsise.org/society/pdf/format.pdf
研究会報告見本:http://www.jsise.org/society/pdf/sample.pdf
研究会報告ひな形:http://www.jsise.org/society/doc/sample.docx
■オンライン講演申込・原稿投稿方法:
http://www.jsise.org/society/committee/pdf/manual.pdf
■発表時間は25分(発表17分,質疑8分)です.
■参加費等:
 研究会への参加は無料ですが,登壇者の方で研究報告の年間購読をされていない方には,当日分のオンライン研究報告集の購入(1,000円)をお願いしております.詳しくは以下のQ&Aを御覧ください.
http://www.jsise.org/society/faq.html
■研究報告集について:
 研究報告は電子化されています.年間購読をお申し込みの会員の方は,研究会開催日の約1週間前から会員専用マイページで閲覧できます.非会員の方や,年間購読を申し込まれていない方は,当日,受付で研究報告集代(1,000円)をお支払いただいた上で,インターネット経由でダウンロード,または受付に準備するUSBメモリーからコピーできます.詳しくは以下のページをご覧ください.
http://www.jsise.org/utility/information/howto_jrr.html
なお,年間購読(4,000円)をお申し込みいただくと,年6回の定例研究会と1 回の特集研究会の計7回分の研究報告を読むことができます.申込方法等については,以下のページをご覧ください.
http://www.jsise.org/utility/information/20160222.html
■お問い合わせ先:
安間 文彦(サイバー大学,第3回研究会担当委員)
E-mail:fumihiko_anma@cyber-u.ac.jp(「@」の部分は,半角の「@」に変えて下さい)