1. 関西支部ホーム
  2. 活動記録
  3. 平成26年度

平成26年度

学生研究発表会

予稿集(印刷物)はありません。本部の学生研究発表会の地区名をクリックすると予稿集をダウンロード(要パスワード)できます。

日 時

平成27年3月7日(土)12:00-17:00

場 所

関西学院大学大阪梅田キャンパス14階

内 容
12:00- 受付開始(A会場)
12:30-12:45 開会挨拶、諸連絡、発表準備
12:45-14:00 前半セッション(A会場:A1〜A4、B会場:B1〜B3 )4件と3件
14:00-15:15 ポスター(C会場:P1〜P9)9件 および休憩
15:15-16:10 後半セッション(A会場:A5〜A7、B会場:B4〜B6 )3件ずつ
16:10-16:25 休憩(A会場)
16:25-17:00 前迫会長の挨拶、表彰および閉会挨拶(A会場)

  • 口頭発表は、交代も含めて19分弱(発表12分+質疑5分+交代)
  • ポスター発表は、75分間 各自のポスターの前で質疑応答
【口頭発表】
A1 先端ICT を活用したファブリケーション・ハンズオンに関する検討
  宮﨑 紗英、熊本県立大学、総合管理学部・3年
A2 東アジア諸国の算数・数学教育における関数電卓の活用
  津田 真秀、京都教育大学大学院、教育学研究科・数学教育専修・1年
A3 空間における展開図構成過程時の視線移動の特徴
  細川 貴正、立命館大学、産業社会学部・3年
A4 学習者の思考意欲向上に向けた対戦型数独システム
  杉本 葵、大阪府立大学、現代システム科学域・3年
A5 英語コミュニケーション意欲を高める会話エージェント
  AYEDOUN Emmanuel、大阪府立大学、現代システム科学域・3年
A6 携帯端末とゲーミフィケーションによる情報科教育支援システムの開発
  木戸口 由莉、兵庫県立大学、環境人間学部・3年
A7 日本語表現の機械語命令を用いてCPUの動作原理を学ぶ高校生向けWeb教材
  山崎 亨、大阪工業大学、情報科学部・4年
B1 イラストスキルの上達を目指す人のための意見交換支援システム
  辻村 真輝、大阪府立大学、現代システム科学域・3年
B2 SNSでの注目度と子供に人気のある検索クエリを用いたWebニュース記事の
  子供向けランキング手法の調査
  田中 翔也、香川大学大学院、工学研究科・博士前期課程・1年
B3 高校生を対象としたプログラミング体験型ワークショップ「e-Motions」に関する検討
  宮崎 裕貴、熊本県立大学、総合管理学部・3年
B4 OpenStackを利用した仮想ルータ設定演習システムの開発
  原田 和明、大阪工業大学、情報科学部・4年
B5 電子教科書の学習分野を考慮したインターネット検索の提案
  大国 航、大阪電気通信大学、総合情報学部・3年
B6 Google Maps APIを用いた移動経路に基づく地図情報提供システム
  光城 暢央、大阪府立大学、現代システム科学域・3年

【ポスター発表】
P1 CROssconnect paTHthrough Operating System
  原 崇徳、奈良工業高等専門学校、専攻科・電子情報工学専攻・1年
P2 可視化を目的としたテキストマイニングによる法律文の解析
   -要件効果構造の分類と権利義務配分の定量化の試み-
  奥田 啓太、奈良工業高等専門学校、情報工学科・5年
P3 学習者の生体情報分析を活かした新英単語学習システムの開発
   -リスニング・スピーキング機能の活用-
  倉田 佑貴、神戸市立工業高等専門学校、電気工学科・5年
P4 コミック会話を用いたソーシャルスキルトレーニングの振り返り環境の構築
  谷口 博紀、大阪府立大学、理学部・4年
P5 Webサービス連携による図書館利用促進システム
  室谷 大貴、大阪府立大学、現代システム科学域・3年
P6 教師のコミュニケーションスキル育成支援システム
  森 夏実、大阪府立大学、現代システム科学域・3年
P7 思考の反芻を促すポートフォリオの提案
  荻野 了、大阪府立大学、現代システム科学域・3年
P8 プラレールを用いた計測・制御向け学習教材のXBeeによる無線化および制御基板の
  プリント基板化
  西内 康裕、大阪工業大学、情報科学部・4年
P9 暗号化通信を学ぶための暗号化と復号の過程を可視化したWeb教材
  吉本 健司、大阪工業大学、情報科学部・4年


支部役員会

日 時

平成27年3月7日(土)10:30-11:30

場 所

関西学院大学大阪梅田キャンパス14階

関西支部研究会

日 時

平成27年1月5日(月)13:00-16:30

場 所

大阪工業大学 うめきたナレッジセンター(グランフロント)

テーマ

越境する学び - 不確実・不安定な状況に対応できる学び -

共 催

コンピュータ利用教育学会(CIEC)

内 容
プログラム等、詳細については、CIEC第105回研究会をご覧下さい。

第2回若手研究者フォーラム

日 時

平成26年10月5日(日)13:20-17:00(受付 13:00〜)

場 所

大阪工業大学 うめきたナレッジセンター(グランフロント)

趣 旨

大学院生、及び若手研究者を対象とした研究討議(含む博士号取得への道のり)

協 賛

大阪工業大学 情報科学部

受 付

参加費無料、懇親会(有志)は有料です。下記URLにて事前登録を賜ります。
研究会には当日参加も可能です。
http://kokucheese.com/event/index/202826/

プログラム(予定)
13:00 受付開始
13:20 趣旨説明
13:30 発表1

林 佑樹 大阪府立大学現代システム科学域知識情報システム学類 助教
「協調学習のための対話支援インタフェースに関する研究」

14:15 発表2

山元 翔 広島大学工学研究科 特任助教
『問題を作ることによる学習』を対象としたインタラクティブ支援環境の設計・開発

15:00 休憩&歓談
15:20 企業プレゼン(数社)
15:50 発表3

立岩 佑一郎 名古屋工業大学大学院工学研究科 助教
「平凡なる研究者,生存戦略を探る」

16:20 参加者からのLT(2分×参加者全員)
16:50 総括
17:00 終了
17:30 懇親会(希望者のみ。学生料金設定有)

*休憩後のスケジュールは、当日変更になる可能性があります。

*LT(Lightning Talk)…自己紹介のほか、現在の研究テーマ、興味・関心などを2分程度で簡単に(Light)お話し(Talk)ください。

平成26年度の関西支部総会

日 時

平成26年5月3日(土)12:30-14:00

場 所

大阪電気通信大学 駅前学舎 1F101多目的ホール
   ※駐車場はありません。
   ※101多目的ホールは、床がエアロビクスダンス仕様なので、ピンハイヒールやブーツはご遠慮下さい。

議 題
  1. 2013年度事業報告1.pdf
  2. 2013年度会計報告・監査報告2-1.pdf 2-2.pdf
  3. 2014年度事業計画3.pdf
  4. 2014年度会計予算4.pdf
  5. 支部運営細則案について5.pdf
  6. 支部運営委員の選任6.pdf
  7. その他

講演会

日 時

平成26年5月3日(土)14:20-16:30

場 所

大阪電気通信大学 駅前学舎 1F101多目的ホール
   ※駐車場はありません。
   ※ピンハイヒールやブーツはご遠慮下さい。

講演1:14:20-15:10

 東大阪大学 太田 和志先生
  「ソーシャルネットワークは人を幸せにするのか」

講演2:15:20-16:30

 関西学院大学 武田 俊之先生
  「MOOCのための技術: どこから来てどこへ行くのか?」
  講演資料 年表