1. ホーム
  2. 学会概要
  3. 会長ご挨拶
  4. 会長ご挨拶(2011)

会長就任あいさつ(2011)

教育システム情報学会会長/前迫孝憲

教育システム情報学会会長/前迫孝憲

長年に渡って活躍されてきた岡本会長に続き、教育システム情報学会長に選出され、責任の重さを感じています。副会長は、これまで本学会で活躍されていた仲林 清先生と不破 泰先生にお願いすることができました。

教育システム情報学会は、1974年に設立された旧CAI学会を受け継ぐ伝統ある学会です。本学会の名称や英語名JSiSE(Japanese Society for Information and Systems in Education)には、教育分野における情報やシステムに関する学会であることが示されています。しかし、科学技術の進展や教育方法の変化と共に、会員の専門領域は多様化しており、常に新しい分野を取り入れながら活動を行なってきました。また、本学会は産業界との連携に特徴があり、社会の変化にも敏感です。2011年3月の大震災では、多くの教育機関で通信途絶や授業の継続困難が生じましたが、会員をはじめ関係者の努力で、eラーニング網の整備や連携、緊急時対応の教育情報基盤構築などの研究や実践が進められています。

本学会では定期的な研究会に加え、年度末には全国各地で学生研究発表会が企画され、夏には全国大会が開催されています。また、各支部でも総会や研究会、勉強会等が実施され、これまで支部活動のなかった地域でも、新支部設立を目指した活動が行われています。さらに、論文誌や英文誌、ニューズ・レターなどの発行やネットワーク対応も進行中です。

従来にない環境変化の中、特に若い会員が活躍できる学会を目指したいと思っておりますので、理事や評議員、監事、各委員会、支部の先生方、そして会員の皆様のご支援と積極的な活動を、どうぞよろしくお願いいたします。また、関心をお持ちの方々には、ぜひご入会頂き、力を奮って頂きたいと思っております。